柿屋【果樹園 中辰】~岐阜 養老山麓~

果樹園について

【果樹園の一年間】

ここでは果樹園での一年間に行う主な作業の流れをご紹介致します。


整枝・剪定

収穫が終わりひと休みした後、整枝・剪定が始まります。
混み合った枝、たくさん伸びた枝を毎年計画的に適度な数にし、日当たりや風通しを良くすることにより樹を元気にし、果実により栄養分がいきわたるようにします。

粗皮削り

2年~3年に1度、高圧の水で樹の粗皮を(吹き飛ばして)削り、その内側で越冬している幼虫などを駆除することで樹や果実への障害を防ぎます。

枝吊り・誘引

果実の重みで枝が折れないようにするため支柱を立てて枝を吊ったりし、また、上に向いた枝を斜めに引っ張って枝の勢いを弱め、果実をつきやすくします。





摘 蕾

5月になると新しい枝にできた蕾を適度な数に間引きし、果実により栄養分がいきわたるようにします。
※弊園では通常7月に行う「摘果」作業をしていません。この『摘蕾』作業で残す蕾、すなわち成らせる柿の数を決めてしまいます。(生理落果などのリスクは覚悟して)

この「摘果」作業無しによる効果として、早い時期に残した蕾のみに栄養分が集中するので美味しい果実ができ、さらに大玉果になる確率も高くなります。

その他の作業

有機質を活用し、中でも園内の下草は根元まで刈らずに残しておき、刈る回数そのものを減らすようにして、できるだけ自然に近いかたちにしています。(下草は土壌水分の保湿効果があり、土壌そのものも元気にしてくれます。)
さらに有機配合肥料の散布など環境に優しい土壌作りをし、薬剤散布は従来より少なくするなど安全安心な果実をお届けできますよう日々作業しています。

そして11月頃からようやく収穫となります。

CONTACT

PAGE TOP